インフルエンザ治療薬のリレンザ

リレンザと使い方や効果が似ている薬

インフルエンザウイルスに感染すると、これまではリレンザやタミフルで治療していましたが、最近は新薬が登場しているので、それを処方される患者さんも増えてきました。
たとえば、リレンザと使い方や効果が似ている薬にはイナビルがあります。イナビルはリレンザと同じ吸入薬で、2010年10月に発売されたばかりの新しい抗インフルエンザ薬です。国内で初めて開発された薬で、製造販売は第一三共株式会社が行っています。
イナビルについて説明する女性
成人及び10歳以上の子供は20mgを2本の40mgを吸入、10歳未満h.の子供は20mgを1本の20mgを1回、吸入して使います。リレンザは1日2回吸入しなければなりませんが、イナビルは最初の1回だけ吸入すればいいので、うっかり飲み忘れるのを防げます。イナビルの薬価は、成人の40mgでおよそ4,300円ほどになります。リレンザは大人も子供も1日2回、5mgを2回の10mgを5日間吸入して使う薬で、気道に入れることで効果をあらわす薬です。
吸入薬が使える年齢は5歳以上なので、それ以下の子供は使えません。口の中に残った粉末状の薬は、消化液で分解されてしまい、効果はないので、使用にはコツが必要になります。
5日分の薬価はおよそ3,500円なので、イナビルよりは安く使用できます。

リレンザを入手したいときは病院へ行く必要がありますが、病院では薬代以外にも診察費や検査費などを請求されるので、そんな余分なお金は払いたくないという方は、インターネット通販を利用するようにしましょう。
個人輸入代行通販のサイトにアクセスすれば、リレンザを販売していますから、病院に行かずに薬だけ欲しい人は、そこから注文することをおすすめします。